クレジットカードの現金化を行う前に調べなくてはならないのが、クレジットカードのショッピング枠です。

クレジットカードを発行する時に、利用者の信用に応じてショッピング枠が設定されます。ショッピング枠現金化即日振込とは、クレジットカードで買い物できる金額のことであり、50万円の枠があれば50万円まで買い物できます。50万円の枠があり10万円買い物した場合は、あと40万円買い物できます。

10万円を返済したら、再び50万円まで買い物できるようになります。現金化は、キャッシングではなくショッピングという扱いなので、クレジットカード1枚1枚に設定されたショッピング枠を知る必要があるのです。といっても、ほとんどのクレジットカードには10万円以上のショッピング枠が付帯するため、10万円以下の現金化なら調べる必要はないでしょう。

 

10万円以上現金化する場合は、やはり確認しておいた方がよいので、利用明細書やインターネットの会員サイトで確認しましょう。

 

クレジットカードの裏面に記載されている番号に問い合わせても確認できます。ただし、現金化はクレジットカードの利用規約に違反するため、「現金化したいので」などと発言しないようにしてください。万が一現金化が発覚すると、クレジットカードが利用停止になる可能性があるので、普段使用していないクレジットカードを使用することをおすすめします。

クレジットカードを用意したら、あとは運転免許証など身分証明書を送る準備を整えて、現金化業者を見つけるだけです。現金化には、買取方式とキャッシュバック方式がありますが、優良店であればどちらを利用しても問題ありません。ただし、キャッシュバック方式には悪徳業者が多いので、なるべく買取方式を選択し、すぐに現金化したい場合は即日送金可能な業者を選びましょう。

 

ほとんどの業者は、商品の返品という形で現金化を行います。インターネット通販を行う場合は、宅配便を利用することとなりますが、メールだけで商品売買が成立する場合もあります。宅配便を利用する場合、商品が自宅に届くと家族に何を買ったのか詮索されてしまう可能性があります。

 

現金化することを家族に知られたくない場合は、荷物の受け取りをコンビニや営業所止めにするとよいでしょう。荷物以外に送られてくるものはありませんので、荷物の受け取りをクリアできたら怪しまれることはありません。ただし、クレジットカードの利用明細書にはショッピングした記録が残りますので、利用明細書を家族が管理している場合はアウトです。