ネット専門に比べてデメリットの多い店舗型のクレジットカード現金化業者

クレジットカード現金化業者の大半はネットのみの営業ですが、都市部には店舗を構えてクレジットカード現金化を行う業者があります。

ネットと違い店員と対面でやり取りできるため安心という反面、ネットの現金化業者よりデメリットになる点もあるので、利用には注意してください。

店舗型のクレジットカード現金化業者のデメリットは、カード会社に現金化の事実を掴まれやすいというリスクがあることです。

店舗でクレジットカード現金化を行うには、換金性の高い商品をクレジット決済で購入して、それを業者に買い取ってもらうことになりますが、換金性の高い商品はカード会社も現金化対策として目を光らせています。

その代表が新幹線の回数券です。

カード会社にバレないように利用しようと思うと、電化製品やブランド品などの買取という方法がありますが、これらの商品は換金率が低いのがネックです。

額面の60~70%で買取してもらえれば良い方でしょう。

では、金券など他の商品はどうかというと、クレジットカードで購入可能なものがそもそも少ないのです。

クレジットカードで購入できる換金性の高い金券は新幹線の回数券ぐらいしかないため、現金化によく利用されるようになり、カード会社も警戒するようになりました。

ですので、店舗での現金化は、金額を取るかリスクを取るかの二択を迫られるのです。

でも実はその新幹線を上回る方法がいま拡大しているのをご存知でしょうか。

詳しくは本当に困ったならクレジットカードでamazonギフト券の買取が有効に説明がされています。

クレジットカードでギフト券を購入してかなりの高い換金率にて売買されているようです。

この方法ならカード現金化を専門店で行うよりも金額によっては高くなるかもしれません。