クレジットカード現金化は利用停止になる恐れがあるの?対処法は?

クレジットカード現金化サービスを利用する中で、注意しなければならないこととしてしばしば指摘されるのが、利用停止のリスクです。利用停止のリスクについては、クレジットカード現金化に関する様々なサイトで紹介されています。クレジットカードの利用規約においてもショッピング枠の現金化禁止が明記されており、もしこの利用規約に引っかかると判断されれば利用停止になる恐れがあります。ただし気を付ければ、クレジットカード現金化サービスを利用しても規約違反にはなりません。一例を挙げると、キャッシュバック方式の現金化サービスを行っている業者を利用することです。

業者に指定された商品をクレジットカードで購入してキャッシュバックを受けた場合、これは違法にはなりません。ただし、業者に指定された商品を購入後、その商品の買取によって現金化すると規約違反に該当します。ショッピング枠で購入した商品を転売していることになるからです。代金を支払うまでは、カード会社が立て替えている形になります。その間は法的には商品の所有者はカード会社になるので、同意なく勝手に売却するのは違法行為になりかねないというわけです。

カード会社は皆さんがどのようにカードを使っているか監視しているといわれています。規約違反行為があった場合にすぐ対応するためです。例えば、これまでほとんどカードで支払いをしてこなかった人がブランド品やギフト券などを頻繁に購入するようになれば、やはりおかしいと怪しまれます。もしクレジットカードは持っていても今までほとんど使用してこなかったのであれば、普段の買い物でもカードで支払うクセをつけておきましょう。そうすれば、現金化サービスを使ってもおかしいと思われる危険性が低くなります。

また、現金化サービスを短期間で何度も利用しないことも大事です。頻繁に特定の商品を購入すると、換金しているのではないかとカード会社に怪しまれやすくなります。ゲーム機やブランド品、商品券、乗り物のチケットなどは現金化でしばしば利用されます。このような商品を何度も購入しないようにすることも利用停止にならないための有効な対策です。

クレジットカード現金化は一旦商品を購入して、その代金の一定割合の現金をキャッシュバックという形で受け取るシステムです。購入した商品は、たとえ必要がないものでも受け取り拒否をしないようにしましょう。なぜなら、契約そのものが破綻する恐れがあるからです。利用停止にならないための対策を講じながらサービスを利用しましょう。